Viv's Vivacious Everyday

2010年 11月 01日

The Linked Friends

カテゴリー people

10月25日にリニューアルしたホームページでは、サイトオープン以来長いこと手がつけられなかったコーナーを、やっとスタートさせることができました。

Friends & Links」。リンクを貼るコーナーではぜひ、お世話になっている人々を顔写真つきで紹介したいと思っていました。初回のアップでは13人の方々にご協力をいただき、「つぶやきの最大文字数」140字で、どこまで書けるか挑戦?しています。

13人の方々には事前に内容と写真の確認をしていただいたのですが、その中の2名の方とのやりとりをピックアップしてみたいと思います。

グラフィックデザイナー、若井裕美さん。愛犬のフラットコーテッドレトリーバー「さんずい」くんと。



返信の最後で「最近、誰かの役に立ちたいなぁなんて思う今日この頃です」という言葉とともに、よく使っているというユニセフのショッピング&募金サイトを教えてくれました(コチラです)。年末のプレゼント選びにおすすめだそうです。私も今年はここでクリスマスカードをまとめ買いしようっと。

もうひとりは、マダム・ワトソンの木村里紗子さん。この写真は「私らしくていいかなと思った、仕事中(ベッドメイキング中)の写真です」ということで送ってくれたのですが、顔がよく見えないので使用しなかったものです(リサコさんには「得意のダメ出し」とか言われるんだろうな)。



リサコさんは返信に「私だったら自分を紹介する140字をこう書きます」と、こんなふうにユーモアたっぷりに書いてくれました。

「マダム・ワトソンの変人中の変人スタッフ。

趣味は、ベッドメイキング、掃除、役に立たないいろんなアイデアを

考えるエネルギーの浪費家。勝手気ままな文章と下手なイラストを

堂々と描く、見かけの気弱さとは裏腹な度胸の持ち主。人付き合いは悪いが、余計なお世話をするのが得意。」
ええー、そうなんですか? 
400名以上の指名顧客をもつカリスマショップスタッフは、実はとても照れ屋さんですね。

というわけで、新コーナーのご紹介でした。ちょくちょく追加していきますので、ときどき見てみてくださいね。

コメント(0)

コメントをどうぞ

<< Previous post旅する乙女 Next post >>冬のギフト、人生のギフト