The Farmhouse Interior ファームハウスのインテリア

The Farmhouse Interior
ファームハウスのインテリア

インテリア雑誌の取材なので、敷地内に点在するファームハウスのお部屋の写真も、たくさん撮りました。使用したのはその中のほんの一部だったのですが、とっても気に入っているシーンをあと5つだけ、ご紹介します。

Lavacchio 145
トスカーナの伝統スタイルを生かして、築300年以上の農家をリノベーション。1978年にこの土地と農家を買ってアグリツーリズモをスタートさせた先代オーナーのマリノさんの弟、建築家のジュゼッペさんが設計しました。素朴な様式の中に気どらない上質さを纏わせたインテリアは、現オーナー、まだ30代のフェイさんのセンスです。

Lavacchio 147
ロフトスペースへ続く階段が部屋の中央を貫く、おもしろい構造のゲストルーム。梁や床材の深い木の色合いと、たっぷりと濃いバニラ色の漆喰の壁、清潔な白いリネンが絶妙にマッチして、包み込まれるようなあたたかなリラックス感を醸し出していました。

Lavacchio 149
このチェストのようなカウンターのような形の古い家具は、イタリアの昔の厨房に置かれていた流し台だったものだそうです。天板になっている蓋を開けると、中に野菜や食器などを洗うシンクが入っていたのだとか。家具感覚のキッチン設備ですね。

Lavacchio 150
窓からの気持ちいい光と、少し奥まったところにあるベッドを一緒に撮影するために、鏡を使ったマルコはさすがでした。黙々と撮影した後に、決まった画面を見せてくれて「どう?」と日本語で言うのですよ。

Lavacchio 158
エントランス近くのリビングルームは、いつも暖炉の火があたたかくゲストを迎えてくれます。隣の大きなかごにたっぷり薪がストックしてあって、ときどきスタッフの誰かが現れて1、2本、薪を投げ込んでいく……フェイさんが「暖炉のある部屋には、BGMなんて一切必要ないんですよね。パチパチと火のはぜる音だけで、十分」と言っていました。

All Photos by courtesy of Mr Marco Bertoli
Special Thanks to Fattoria Lavacchio www.fattorialavacchio.com

シェアする

フォローする