ARTICLES インテリアと旅の記録

2010年 11月 26日

Part 1 Outlook どんなふうに変わった?

1-11-2

<Before>               <After>

新しく作ってもらった、キッチンカウンターの全体像です。幅365cm、奥行きは向かって左から49cm(リビングボード部分)・21cm(オープン棚上の飾り棚部分)・100cm(キッチン作業台部分)、高さは90cm。 向かって右半分をオープンにして、作業や配膳に使えるようにしました。時計をかけた壁のちょうど裏側が冷蔵庫スペース。キッチンとLDを仕切っていた壁をいったん全部取り払い、新しい壁を作ってイエローでペイント。この「キッチンとLDをつなぐ多目的なカウンター」を作ったことで、圧迫感がある、吊り戸棚が使いにくい、収納が分散して動線が悪い、調理スペースが小さいなどの問題点が一気に解決しました。

1-31-4
オープンになった部分をキッチン側に回り込むと、こんな感じです。冷蔵庫を囲む壁のサイドにはカウンターと同じ素材のシェルフをつけてもらい、朝食&ティータイムのコーナーに。

1-51-6
<Before>            <After>

現在冷蔵庫を置いている場所の向かいは、もともと冷蔵庫置き場だったところ。天井までのスペースを有効活用するために、上下に扉をつけてパントリー&家電置き場に。

1-71-8
<Before>            <After>

リフォーム前の吊り戸棚は、カウンタートップから58cmという低い位置までせり出していて奥行きもたっぷりあったので、頭をぶつけることも。L字部分もほとんど使わずじまい。コンパクトサイズの吊り戸棚を一列につければ、きちんと使いこなせます。

1-91-10
<Before>            <After>

レンジフードは既存のものを生かし、コンロとオーブン、食器洗い機を新調しました。設備機器って1つ1つの値段が張りますからね、予算とのせめぎ合いです。

コメント(2)

  1. はるon 2014年5月15日 at 00:09
    はじめまして、はるといいます。
    とっても素敵なキッチン!!!
    とっても可愛い!!!!

    今キッチンをどうやって作ろうか考えているところで、家族が元気になるキッチンがいいなぁと思ったいたところこちらにたどりつきました!

    全部丸ごと真似したいくらいです。

    北欧テイストのリビング、ウッドテックのハードメイプルの床なんですが、似合うかなぁ。。
    落ち着いた床の色されてるので、とてもお似合いです。
    同じペイントを使って挑戦したいけど同じようないい色に調合できるかなぁ・・ドキドキ

    白い収納もかわいいですね!
    LIBコンテンツさんは高すぎて家には無理ですが。。(涙)
  2. adminon 2014年5月20日 at 15:23
    はるさん、こんにちは。
    少し前の投稿にコメントを頂戴し、とてもうれしいです。ありがとうございます!

    私はリフォームの時、最初壁は白で、キッチン収納の扉を
    水色とかブルーグレーにしようかと思っていたのですが、
    本などをいろいろ見ていたらやっぱり壁に色を塗りたくなり
    その結果、キッチン収納の扉を白にしたんですよ。
    黄色というのも、あまり自分の選択肢の中になかった色だったのですが
    今でも飽きずにこの色の中で過ごしているので、やっぱりよかったのでしょうね。

    北欧テイストのリビングでしたら、きっときれいな色が似合うでしょうね!
    また教えてくださいね。

    PS
    手前味噌ですが、よろしかったらこの本も
    はるさんの参考になるかもしれないので見てみてくださいね。
    いろんなキッチンが出ています。
    http://homekitchens.jp/landing/

コメントをどうぞ

<< Previous postPart 2 Planning プランニング Next post >>湖水地方にて