ARTICLES インテリアと旅の記録

2010年 11月 03日

Local Specialité 土地の名産と名物料理

10月中旬に訪れたトスカーナは、ぶどうの収穫とオリーブの収穫のちょうど間の時期でした。この季節、農場の近くにある地元の朝市は実りの秋の食材の宝庫。たとえばこのフンギ・ポルチーニ、大人の手のひらくらいのサイズです。日本で乾燥タイプはよく買うのですが(あれもおいしいけどね)、フレッシュの迫力は違ったなぁ。

Lavacchio 015Lavacchio 016Lavacchio 033
朝ごはんのテーブルはキャンドルの灯りとともに。農場の風車で挽いたオーガニックの粉を使ったパンやペストリー、果樹園直送の果物のコンポート、ジャム、はちみつが並びます。新鮮なミルクやチーズ、フレッシュジュースも豊富で、英国式の卵やベーコンのフル・ブレックファストとはまた違うベクトルの、豊かな感じがありました。

Lavacchio 166Lavacchio 168Lavacchio 169
こちらはワイン蔵。発酵室では、名産の甘口ワイン「ヴィンサント」の仕込み中でした。ワインの名前はすべて、Lavacchioにちなんだ命名。たとえば「Pachar」はその年に生まれたオーナー一族の子ども、PabroくんとCharlotteちゃんにちなんで。中央の「Cedro」は、農場の裏にあるシンボルツリーの古いレバノン杉の名前からつけられています。

Lavacchio 294Lavacchio 233
リストランテ「ムリノ・ア・ベント(風車という意味)」で働く、通称Serial Griller(ずっと肉を焼き続けているので、シリアルキラーをもじってこのニックネームが)のセルジオさんの手さばきを激写。名産のキアナ牛のステーキはダイナミックにグリルして、塩・こしょうとオリーブオイルをかけていただきます。

Lavacchio 254Lavacchio 257Lavacchio 256Lavacchio 258Lavacchio 244Lavacchio 247Lavacchio 295
All Photos by courtesy of Mr Marco Bertoli
Special Thanks to Fattoria Lavacchio www.fattorialavacchio.com

コメント(0)

コメントをどうぞ

<< Previous postThe Farmhouse Interior ファームハウスのインテリア Next post >>October 2010 イタリア・トスカーナ編