Viv's Vivacious Everyday

2010年 10月 26日

City Walking/トスカーナ報告6

カテゴリー everyday

フィレンツェは歩いて回れる比較的小さな街だと聞いていました。観光名所や美術館にも行ってみたけれど、週末だったので人気スポットには長い行列が…。なのでそれは次回のお楽しみにして、ほとんどバスも使わず、ホテルでもらった地図を頼りに、ただ気ままに歩き回った2日間でした。



建物と建物がせめぎあった道の間に、細長い空がのぞくこういう風景、イタリアらしいですね。



「街じゅうがギャラリー」という言葉、まさに真実でした。



ダヴィデ像は、いつもこんな風景を見ているんだね。



小さな通りにある革製品のお店に入ると、奥が工房になった店主兼職人さんの個人ショップでした。



ちょうど仕事の手が空いていたようで、いろいろ仕事のお話が聞けて楽しかった。作業もちょっと見せてくれました。話好きの革職人のPaoloさん、聞いてみると日本のデパートやステイショナリーショップとも取引があるそうです。



話しただけでは悪いので、ワインやオリーブオイルのラベルをライナーに使った小さな革トレイをおみやげに買おうとしたら、「裏に名前入れてあげるから、夕方にまた来て!それまでにやっておくからね」と。

Paoloさんのスウェーデン出身のガールフレンド、Anita Matellさんもアーティストで、こんな可愛いポスターが展示してありました。ウェブサイトのイラストも彼女の手になるものだそう。



自分と夫の分をお願いしました。可愛いです。Anitaさんが作った革の端切れのロボット人形もつけてくれました。



Paolo Carandiniさんのウェブサイトはコチラです。

ポンテベッキオのジュエリーショップで、大好きな色のクォーツのリングを見つけ、名刺に使っているブルーと同じ色だと思ったら、どうしても欲しくなってしまいました。じーっと見ていると、お店の女性が「これ、あなたの色だと思う。値引きしてあげるから買いなさい」と、頼んでないのにディスカウントしてくれた。



Cristinaさん、2つとも買ったらびっくりしてたけど、親切な人だった。久しぶりにジュエリー買っちゃったなぁ。



日が暮れる頃、例のシャトルバスに乗ってホテルへ戻ります。



堪能しました。ありがとうイタリア!



As requested, I provide a brief English translation below:

I had heard that Florence is good size to walk around. As it was my first visit there, it might have been a good idea to go to famous sightseeing spots and museums; but there were long queues everywhere because it was weekend. So I decided to just walk around the city as I liked and to drop in at wherever I liked, without catching a bus.

This kind of narrow and long sky often seen between old buildings seems me very Italian.

You can find a lot of museum pieces in this city, even if you are not in a museum.

Hey David, you are always looking at such beautiful scenery…

I found a fascinating leather shop on the street. It is also a workshop of a craftsman, working there.

The craftsman Mr Paolo Carandini is such a friendly person; I enjoyed talking with him about his work, his business in Japan, wine and olive oil in Tuscany, and so on.

I wanted to buy a couple of lovely small parchment trays and asked him to have them. He kindly proposed that he should engrave my name and my husband’s on the side of the trays, saying “If you can come back this afternoon, I’ll do it for you by then”. I was so happy because it would be such great souvenir, wouldn’t it?

His Swedish girlfriend Ms Anita Matell is also an artist: I liked the beautiful poster on the wall, which she designs. We can find her design on his website as well.

The trays at home. Paolo gave me this pretty robot doll made by Anita when I came back to his workshop in the afternoon.

Paolo’s website is here.

(…then some stories continue about the blue quartz rings I bought at a jewelry shop near Ponte Vecchio, the shop-clerk Cristina kindly discounted the prices, the rings’ colors are the same as my businescard’s…and so on…)

I really enjoy the day. Grazie, Italia!

コメント(0)

コメントをどうぞ

<< Previous postBeautiful Weekend/トスカーナ報告5 Next post >>番外編・わんわんコレクション/トスカーナ報告7