Viv's Vivacious Everyday

home décor

2010年 3月 25日

ペイント工事完了

カテゴリー home décor

冷たい雨の日でしたが、昨日は一日かけて、LDK以外の全部屋をペイントしました。もう、もとの壁紙の色はどこにも残っていません! 天井も入れると全部で9色。これはその一部です。拙宅に来てくださったペイントチームとともに、さっそく作業のスタートです。


3年半ほど前に知り合った、

カラーワークスのペイントチーム「Diverse」
のリーダー中根康男さんは、ペイントの楽しさをわかりやすい言葉で伝えてくれる、従来の職人さんとはちょっと違うイメージの人。「職人はアーティスティックでかっこいい仕事だと、次世代を担う若い人に知ってほしいんです」。最初の顔合わせの時にも、そして昨日もそうおっしゃっていました。無口な職人さんも大好きだけど、こういう人もいいですねぇ。



雨で塗料が渇くのに時間がかかったこともあって、夜までの作業に。ペイント終了後、養生を片づける中根さんにまとわりつく愛犬。スペースごとに色が違うのがわかりますか?



ラストはわが家のLDKをスタジオ代わりに、中根さんのショートインタビュー。



塗り終わったローラーはラップフィルムでくるんで。いやー、いい色だ…。いつかやってみたいなとずっと憧れ続けて数年、やっと自分の家をペイントする機会が巡ってきたんだなぁと、ちょっと感慨深いです。でも1回やったら、これ確かに癖になりそうですね。



先日のリフォーム記事の後編として、今回のペイントと「色と暮らす」というテーマを「プラスワンリビング」6月号でレポートします。なんの変哲もない内装のごく普通のマンションが、壁の色をペイントでチェンジしただけでどれだけ変わるかをお伝えしますので、どうぞお楽しみに!

只今のBGM/“Get It On” by T-Rex

コメント(3)

2010年 2月 06日

farewell to the old fellows

カテゴリー home décor

キッチンやダイニングに置いていた家具が、リフォーム後にいくつか不要になりました。知っている人に使ってもらえるといいなと、プラスワンリビング&雑貨カタログ編集部で一緒だった若手の子たちに「要らない?」と声をかけてみると、こんな古道具なのに驚くほどのレスポンスのよさ。仲良く譲り合ってそれぞれの行き先を決めてくれたようで、今日はその引き渡し日でした。ご両親&彼と車2台で取りに来て、帰りに同僚の分まで届けてくれたり、友達の分まで持って行ってくれたりしてくれた彼女たちのおかげで、夜にはすっかり部屋がきれいに。この家具や道具たちってどれも、私がまだ20代のころにどうしても欲しくて、お金を貯めてやっと買ったものだったり、高くはなくてもとても気に入っていて、10年も20年もずっといつもの場所で使っていたものだったりします。だからそれぞれ「大切にしますね」と言ってくれる人にもらってもらえたのは、とてもうれしかったな。みんな、大事にしてもらうんだよ。

只今のBGM/“There Must Be an Angel (Playing with My Heart)” by Eurythmics

コメント(0)

1 / 41234