Viv's Vivacious Everyday

2010年10月

2010年 10月 31日

いつもの場所で

カテゴリー cheers

大好きな地元の「ビストロ・サンルスー」で久しぶりの外ごはん。
会社設立の小さなお祝いということで、夫がごちそうしてくれた。わーい。
いつもてきぱきトークと笑顔が素敵なマダム、智恵美さんと。



「サンルスー」は「sans le sou」と書き、フランス語で「一文無し」という意味だそう。
英語だとwithout a pennyみたいな感じでしょうか。
「いつもゼロからのスタート」という覚悟みたいなものが感じられる、いい名前だなーと思います。
私もゼロからのスタートのつもりです。先輩を見習ってがんばるぞー。

デザートの栗のプティポのお皿にチョコレートで「Bon Chance!」のメッセージ。ありがとうございます。



夫の方のお皿には、結婚13周年も一緒にお祝いだー!のメッセージ。
記念日当日は出張中でいなかったからね。金子シェフ、いつもありがとうございます!



10月も今日で終わり。人生の節目に訪れるレストランがあるというのも、幸せのひとつだなぁ。
今夜もごちそうさまでした!

コメント(2)

2010年 10月 31日

Wonderful Tonight in Red

カテゴリー everyday

今月初めからカラーワークス パレットビルで開催中の「森瑤子 再会に乾杯」(詳細はコチラコチラを)のファイナルパーティ「バロックの夕べ」が、金曜の夜に行われました。

ドレスコードは「何か赤いものを身につけて」。全身に赤をちりばめている人、ストールやネクタイやバッグだけ赤の人、赤い花を胸元に飾っている人など、会場は思い思いのdressed in redのゲストでいっぱいです。

テーブルフラワーも赤、



ふるまわれたワインも赤。



イチジクとカシス、ザクロなど赤い果実の香りを漂わせるJo Maloneのフレグランスキャンドル、そして赤い炎。五感に訴えかける、さまざまな赤。



ヘザーさんのスピーチと乾杯のあと、映画監督・永田琴さんによる森瑤子さんのエッセイの朗読、インタビュー、お好きだったというハープの生演奏が続き、ヘザーさんいわく「まるで今にも母がワイングラスをふたつ手にしてひょっこりと『再会に乾杯しましょうよ』と現れるような気がします」(←記憶で書いているので正確ではありませんが、会場に展示されているヘザーさんのエッセイ、とってもよかったのです)。

主催者のカラーワークス秋山秀樹さん・千恵美さんご夫妻と、FARROW&BALL国際販売部長のJohn Brothersさん。バックに写っているのは、新作のウォールペーパー、その名も「Baroque」。秋山社長のネクタイにもご注目ください。



大勢のゲストの中には友人や久しぶりにうれしい再会を果たせた先輩もいて、楽しい夜を過ごさせていただきました。

最後にヘザーさんを囲んで記念撮影。Johnさんに「ヤンキー座り」という悪い日本語を教えたのは私。



このお部屋、もうあと11月6日までしか見られません! まだの方はぜひともお出かけください。

コメント(0)

1 / 912345...最後 »