Viv's Vivacious Everyday

2011年 4月 30日

インテリアブックと3月の日々

カテゴリー Work

久しぶりに、本を1冊編集しました。色をテーマにしたインテリアブックです。



昨年秋に、プラスワンリビングの藤岡さんから「インテリアの色をテーマにした本をつくってほしい」とのリクエストをいただいていました。内容や構成については全面的にまかせてもらえるとのことだったので、バックナンバーを読み込み、写真を集めて、ページごとにカラーコピーの切り抜きを貼りつけた、こんなラフを作成したのが3月初め。



このラフの全ページ分を持って、編集部で打ち合わせをしていた日が、忘れもしない、あの3月11日だったのです。すぐそばに本棚が倒れてきたので、机の上に置いていたラフ用紙は、埃と煤で真っ黒に…。避難する時、とっさにひっつかんでバッグに入れて、みんなと階段を駆け下り、5時間かけて徒歩帰宅する間に、バッグの中でくしゃくしゃになっていました。



震災の深刻なニュースを見ながら、ラフ用紙を新しい紙で作り直し、表紙のコンテを描いていました。あの時期、集中できる作業が手元にあってよかったな、と今になって思います。



余震もまだおさまらない3月下旬に、表紙撮影を決行。そんな日々に作った本なので、自分にとって、いやでも記憶に残る1冊になりそうな気がします。というか、思い入れもひとしおと言えるかもしれません。



インテリアブックなので、言うまでもなく、内容はとてもハッピーで、気分が明るく前向きになるものです。でもやっぱり、今回の震災で穏やかな日々を突然に奪われた大勢の人たちのことを思うと、今までと同じような気持ちでは、インテリアの記事を書けないな、という気もしてしまいます。うまく言えないのですが、インテリアが美しいとかセンスがいいとかいうことより、日々を大事にいつくしむ暮らし方とか、心の態度みたいなもののほうが、ずっと大切だと思うから。



そんな葛藤の中(?)編集執筆した1冊、「Living with COLORS お気に入りの色と暮らす」(主婦の友社刊)、5月13日発売です。近くなったらまたここでご案内しますね。

コメント(0)

コメントをどうぞ

<< Previous postBeautiful Lakeland Revisited Next post >>これからピーク