Viv's Vivacious Everyday

2014年 3月 10日

「いきものがかり」みたいに?

カテゴリー Blog,News,Work

今月初めにオープンしたプロジェクトサイト「StoryPhoto&Web」。
どんな人間が携わっているのか、ちゃんとわかった方がいいよね、ということで
サイトオープンの少し前、代官山にある知人のヘアサロンを半日お借りして
ポートレート撮影をしました。

1人ずつの撮影が終わった後に
「せっかくだから、3人一緒の写真撮ろうか?」という話になり
写したのがこの写真です。

140128ns181140128ns183

この時私の頭に思い浮かんだのはなぜか
「”いきものがかり”みたいな写され方にしよう!」ということ。
男女3人ユニットのご存じ「いきものがかり」のアー写(アーティスト写真)って
服もポーズもなんか思い思いというか、
変にお揃い感を出さない雰囲気がありますよね。
その感じで行ってみようと。
3人ともタイプが違うし、服もバラバラ。
ちょうどいいじゃないかと。

ちなみに、本当に偶然なのですが、
StoryPhoto&Webの我々スタッフ3人と、いきものがかりのみなさんには
こんな共通点があります:

①男女混合3人グループ
②3人のうちセンター(ヴォーカル=カメラマン)以外の2人が同じ高校出身
③その高校自体もいきものがかりと同じ神奈川県立厚木高校
④ヴォーカル担当の聖恵ちゃんは
水野くんと山下くんの同級生の吉岡くんの妹だそうだが、
ウェブ担当の聡子さんは、田村の同級生の市島くんの妹

なんかよくわからない話になってきましたが、
以前から私、自分のやっているプロジェクトってバンドに似てるなと思っているのです。
ギター、ドラム、ベース、キーボード、パーカッション、コーラス
というような担当と同じように
本やウェブサイトを作るときも
写真、スタイリング、テキスト、料理、イラスト、デザイン、ウェブ構築、印刷
というような担当があって、
それぞれのパートでベストを尽くすイメージが浮かぶのです。

自分のパートを精一杯演奏して、美しいハーモニーを奏でて喜んでいただくこと。
そのハーモニーの完成度が、お届けするサービスのクオリティ。
そのあたりを一番気にかけているし、同時に一番やりがいを感じることなのです。

140128ns182

私自身はひとつも楽器を弾くことはできませんが、
仮想バンド「StoryPhoto&Web」では、そんな夢も実現できたらなと思っています。

コメント(0)

コメントをどうぞ

<< Previous post改めまして、StoryPhoto&Webです Next post >>編集と出版プロデュース、最近の仕事